中地階からいろいろと

アングラではないけれど、メジャーとはいえないようなアレコレ。有用無用にとらわれず取り上げます。

ジデカウジレ - 製造日を表す暗号

f:id:cskspst:20180821003538j:plain
とあるお菓子の外箱(撮影がそうとう昔ですが)の、賞味期限の下に妙な文字が並んでいます。

ジデカウジレ

ロット番号などはアルファベットや数字で記されていることが多いので、はじめてこれを見たときは妙な印象をもちました。

同じような点に着目した人がほかにもいないかな、と思ってあれこれ検索したところ、むくはら@まっこうくじら氏が当時運営していた「抹香鯨通信」というサイトで、「デジカメ練習帳」コーナーの「『くのへまのへへら』の謎」という、これまた似たような文字を調べた記事がありました。

こちらは、某川越銘菓のパッケージに印刷された「くのへまのへへら」という謎の文字を調べた、というものです。

結論から言うと「くのへまのへへら」は、0から9までの数字を文字に置き換えることで、商品の製造日を表しているというものです。

面白いのは置き換えの方法で、「くらのまちかわごえへ」の10文字を順に 1, 2, 3, ... ,9, 0 に割り振るという粋なものです。氏のページでは川越への郷土愛を感じる、と締めくくられていました。

冒頭に示した「ジデカウジレ」も同様に製造日を示していて、置き換えのもとになる文字は以下のようになっていました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

この通り置き換えると、ジデカウジレは031207となり、2003年12月7日の製造ということが分かります。

文章にすると
買う気で作れ 明治
f:id:cskspst:20180821003539j:plain
この文字が書かれているのは明治(当時の明治製菓)のものでした。

この箱は納品時の段ボールですが、これを店頭で客が目にする機会は、そう多くはないと思います ( 大きなスーパーで箱積みされていれば別ですが )。にもかかわらず「買う気で作れ!!」と気合を入れているあたり、メーカーの本気、情熱が感じられるように思います。
…メーカーの回し者ではありません。念のため。

このような記号は他にもあるので、探してみると面白いかもしれません。


この記事は、私が昔開設していたwebサイトのものを再掲したものです。当時の掲示板に、ここで引用した まっこうくじら氏 からの感想をいただいたので、ご紹介するとともに、この場をお借りして御礼を申し上げます。

こんにちは。「ジジジの謎」読ませていただきました。自分と似た(妙な)ことを気にかける人がいたものだと、少しうれしい気持ちです。そして、現れた文章の崇高さ(!)。他の会社でも、製造ロットに、様々な志が隠されているのかもしれないですね。--- 2008年02月17日(日) 01:20